Blogブログ

メンズヘアに悩みを持つお客様を救うブログを随時更新していきます。

フリーランス理容師・床屋・バーバーのこれからの伸びを予想、その訳【東京|銀座|理容室|理容師|散髪 |若者|マンツーマン|メンズ 】

       

こんにちは吉田です。

【今日はフリーランス理容師・床屋・バーバーのこれからの伸びを予想、その訳】

について書いていきたいと思います!

前回の記事

初めて自分以外のフリーランス理容師と出会ってお話ししてきました!【東京|銀座|理容室|理容師|散髪|メンズカット】

 

フリーランス美容師やyoutuberの台頭により、自分の今いる環境がいかに肩身が狭いかわかってくる。
役職や出世に興味はないが、年数が上がってくるとやることが増え、自分の時間が少なくなってくる。
(人に時間を使うのもいいが、自分に時間を使うことも必要。ただ人に自分の時間を使われっぱなしだと将来困ることになる。)
いい店を探すより、いい理容師を検索する時代になる。
一般的な独立開業は競合が多すぎるし教育が大変。シェアすることにより初期投資が低く済むし、
リスクヘッジになると理容師が理解してくる。
フリーランス理容師・床屋・バーバーは1~2年後に自然に広がっていくだろう。

 

 

周りに好きなことで生きている人が増えたため自分の状況に疑問を覚える。

 

最近、youtubeやネットでの広告収入で生活する人、

自分の好きな分野で、自身のメディアを駆使し仕事を得る人が増えてきました。

だってそういう人の生き方って好きなことをしているから楽しそうだし魅力的

ふと自分の状況を振り返ってみると、好きな理容はしているが、

チームで動いているため自由は効かない、

他人の店の業務、教育、知名度UPなど、スキルは残るものの、

自身のブランディングは

店ありきの自己ブランディング。

しかも週一の休みで毎日一日中。

めちゃめちゃ有名なお店であっても「〇〇ってお店の〇〇さん」と周りからは思われています。

個人のSNSで直接指名予約が入る理容師ならばとてもGoodな状況でありますが、

ほとんどの理容師は店に予約が入って自分が入客するというのが一般的なのではないでしょうか。

人生100年時代と言われていますが、これからは他人ではなく、

まず自分の資産を作っていくことが重要です。その後に他人のことを考える。

自分に余裕、経験、知識がないと他人には十分に与えれません。

資産とはお金を生み出してくれる自分の装置です。

理容師・床屋・バーバーであれば自分のメディアに直接予約が入るようにすること。

私はHPを作り、インスタやツイッターに紐ずけ、予約アプリや、ラインオフィシャルアカウント(ライン@)に

予約が入るようにしています。

役職、出世に興味ない理容師が5年をすぎた頃、これからの生き方を考え始める。

現代だととても多いんじゃないかなと思います。

地方では店長などの役職についても、責任だけすごく上がって、給料はほんの少ししか上がらない。

都心部では責任上がってお金も割と上がるが休みがほとんど取れなくなった

なんてよく聞きます。

年数が上がると役職者ではないけれど、役割が多くなったり、

社員教育に携わるようになるのが一般的。

そんな、技術や接客をある程度身につけた理容師・床屋・バーバーは

そのくらいの時にこれからどうしようかな〜と思います。

人間ないものねだりなので、どこを選んでも満たされないのが本音。

しかも欲求は成長していくので、お金があって時間がないなら、時間も欲しくなる。

時間があって、お金がないなら、お金が欲しくなる。

どちらもあるなら、どちらももっと欲しくなるのが人間です。

私は昔、お金は少しばかり大丈夫でしたが、時間がほとんどなく

自分の人生がこのまま終わってしまうのではないかととても不安になりました。

「少しだけ休みを月1〜2からせめてあと1日増やして欲しい」

とお願いしたこともありましたが、上にダメですと言われました笑

なので自分で休みや仕事を調整できるフリーランスという道を自分で責任を持って選びました。

責任は自分ひとり分とればよく、収入も1.5倍、勤務時間も平均6時間くらいになりました。

・理容室検索から理容師検索の時代になる。

今は40代前後のお客様が理容室・床屋・バーバーに訪れることが多いので、

層的に店を検索する人が多いのが現状。

しかし5年〜10年後は理容師を直接検索する時代になると思っています。

どんな店にも上手い理容師もいれば、あまり上手ではない理容師もいます。

お客様はあまり上手くない理容師に切られたくないと思うのは当たり前なので

スタイル検索で誰が切ったスタイルなのかや、各種SNSでこの人に切ってもらいたいという需要が高まります。

実際にインスタなどで集客できている人もたくさんいますし、これがもっと当たり前になるでしょう。

ですので早めに、自分だけのメディアを充実させ、集客のための準備、そして実際に予約が入ることはマストです。

コツは特化することです。フェードならそればっかり、濡れパンならそればっかり、外国人風カラーなら、、、etc

 

所有するより共有する方が投資・リスクが少ない。

 

ということで独立開業をする人が多いのですが、

まず都心の場合、自己資金は3~400万くらい必要で、それから融資を1000万ほど受ける。

いきなり1000万の借金からスタート。(いい借金にするのも、悪い借金にするのもあなた次第)

売上少ないから毎日出勤。時間ないしお金も稼げない、スタッフ雇うのにも一人だいたい30万かかる。

教育もして時間的にもお金的にも前と変わらないし、前のように必ず入る給料はない。

と今まで何人も何人も先輩方がそのやり方で挑戦していますが、

私は難易度とリスクが高いと思っています。

もちろん、見通しが立っていて、不測のアクシデントに対応できる、

人望が素晴らしい、経営センスがあるスーパー理容師ならいけると思いますが、

例えば私はとてもフツーな人間笑

むしろ力のない方です。

なので私はフリーランスを選択しました。

経営感覚も従業員の時よりすごく肌で感じますし、税金の知識もつきます。

初期投資は10万、責任は自分のみ、そしてこれからの夢のために

こんなブログを書いたり、貯金しています。

店を持たないので潰れることはありえないですし、

売上が減っても違う仕事をしながら理容師やればいいので

続けられます。

そこに変なプライドとかないですね。

理容師は理容師しかできないとか、

理容師以外の仕事してたら、

フリーランス理容師でうまくいけてないから

他の仕事もしてるのカッコ悪いとか全くありません。

周りからなんて言われようと全然気になりません。

それは好きなことして全力で夢に向かってるからです☆

好きなことをして生きるってのは

嫌いなことをしないで生きることではない。

好きなことで生きていくために

好きなこと以外のことも勉強や実践する必要がある。

好きなことで生きていける人と

そうじゃない人の好きなことに対する

本気度の差はここで出る。

私の大好きな方の名言です(^ ^)


 

 

ある程度お客様がついてきた理容師・床屋・バーバーの方は

これからの将来を考える時期なのではないでしょうか?

私は自ら動く理容師を応援します!

そのままで大丈夫という理容師はそこで頑張っていただければと思います!

次の記事

フリーランス理容師函館に帰る。【東京|銀座|理容室|理容師|散髪 |若者|マンツーマン|メンズ | バーバー】

 

フリーランス理容師にご興味がある方はこちらを友達追加してください(^ ^)

役に立つ情報をお送りします!

特典として無料で相談を受けます☆

http://nav.cx/3KcaJUn

スマホの方は右下の

フリーランス理容師に興味のある方をクリック☆

twitter

instagram

facebook

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

アプリでご予約