Blogブログ

メンズヘアに悩みを持つお客様を救うブログを随時更新していきます。

理容師があまり独立できない理由【銀座 理容室】

       

こんにちは!吉田です!

 

今日は理容師が美容師より、あまり独立できない理由を書いていこうと思います!

 

(独立志向じゃない理容師さんにはあまり関係のないお話かもしれません☆)

 

☆前回の記事はこちら↓☆

 

フリーランスと業務委託の違いやメリット・デメリット(理容師)

 

美容室って日本のコンビニや信号機より多いのはご存知ですか?

 

2019年時点で美容室件数は約25万件、美容師人口は約52万人、

 

対する理容室は約12万件で理容師人口は約22万人だそうです。

 

(1店舗平均の従業員数は美容室が2人くらい、理容室はなんと1.8人‼️)

 

平均2人いないということはほぼ一人でやってる計算になります。

 

平成時代の終わり。理美容室店舗数の変遷を振りかえる 参照:https://www.beautopia.jp/4000

 

美容室は年に1万件できて、6〜8千件潰れると言われていますが、

 

微増微増で増え続けています。

 

理容室は12万件から毎年1500件くらいずつ減ってています。

 

というのが現状。

http://ribiyo-news.jp/?p=27781

理美容業の倒産件数 過去最多 数千店の可能性も
2020年現在の記事

 

60代以上の理容師が今、お店の後継者がいなかったり、

福利厚生や休日がしっかりしている大手格安カットチェーンに就職し

 

お店をやめたりし、それを若手が理容室出店するよりも上回っているため

 

理容店が減少していると思われます。

 

よく見れば世代交代の時期と言えます!

 

そこで、これから理容室が社会に貢献していくためにどうすれば良いのか、

 

そのあまり独立しない理由とその解決法を書いていきます。


 

理容師があまり独立しない理由は大きくつ。

 

1つ目

 

「初期投資が高め」

 

理容室は美容室に比べて設備を整えるのに費用がかかります。

 

美容室になく、理容室にあるものとすれば、

 

・リクライニングの理容椅子

 

・スチーマー(蒸しタオルをつくる機械)

 

・ラザーミキサー(自動で髭剃りの泡が出てくるもの※手動でつくる場合は別)

 

・カミソリ、カミソリの替え刃

 

・席ごとのシャンプー設備(席ごとに必ずつけなければいけないものではないが)

 

etc…

と美容室より用意するものが多いです。

 

 

理容椅子はピンキリで中古は置いといて、

 

新品で1台30〜100万円以上のものがあります。

 

例えば30万円の椅子で5席作ったら椅子だけで150万円かかります。

(最近は設備のリース制度が主流になってきていて資金が少なくても椅子買う?借りる?ことができるようにはなっています!2020/01 改定)

 

居抜き物件ですとコストは安く上がりますが、

 

1から内装などお店を作ろうとすると2000万弱かかるのが大抵。

 

日本政策金融公庫や銀行からお金を借り、

 

事業計画をしっかりとたて、自己資金も最低かかる費用の

 

30〜40%くらい用意しているととても安心できます。

(目安としてですが、2000万かかるとしたら600〜800万の自己資金があればいいかと)

※事業が好調だったり、売り上げが上がるだろうという裏づけを持ち

しっかりと事業計画を立てられれば自己資金がなくとも貸してくれる場合もあるようです。

 

しかし一般的に収入の比較的低い理容師が

 

600万ほどの自己資金を貯めることが難しい!(親などから資金援助があればできないこともない)

 

と言う問題があげられます。

 

かなりストイックに資金集めをしないときついのかなと思います。

会社によっては役職などにより月に50~100万以上稼げるところがあるようですが、

普通の理容師スタイリストなら30〜40万稼げたらいい方だと思います。

ではどうしたら、一般的な理容師が独立のため

資金を貯めやすいかは、後ほどご説明していきます☆

2つ目

情報収拾ができていない、しない。

私もフリーランス理容師として独立しよう!

 

と覚悟が決まってから色々調べ始めましたので、

 

まだそんなこと考えてなかったり、漠然と独立できたらいーなーくらいの理容師さんだとそんなに調べたりしないものだと思いますが

 

基本的に理容師に情報が全然足りてません。


理容師は職人気質で外の情報を入れず情報がいかに将来を左右するかということを知っている人が少ないです。

みんな車乗ってるのにまだ馬車!みたいな笑

カルテも顧客情報もITが発展しているのにまだ紙!

自動でやる方が早いしクオリティ高いのにまだ手動!

私はフリーランス理容師として独立してから、

「フリーランスって何?」とか「ヘぇ〜そんなのあるんだぁ!」

「稼げるの?やってけるの?」「全部一人でやるの大変じゃない?」とか色々聞かれます。

でもみんなその答えを自分で知ろうとか探そうとかはしません笑

フリーランス美容師さんはもう何万人もいて活躍しているのに、理容師の人はずっとサロンに引きこもっていて知ろうともしません。

情報を知ろうとせずに黙々と技術練習ばかりやっています。

(もちろん技術必要なので赤点レベルなのに他のことをやるのは順序が違うと思います。)

例えるなら情報の鎖国!

色々外の世界を見たりするとスタッフが辞めるって言ってわざと情報を遮断している経営者だっているってのが怖いところですね。

今の時代もうそれは不可能。

時代に取り残されないためにもとにかく自分で調べること!

フリーランス美容師で調べれば大抵の現状は知ることができるくらい情報が出ています。

まず調べる練習だと思ってもらえればいいかなと。


先程、

 

一般的な理容師・バーバー・床屋が独立開業のため資金を貯める方法

 

を後ほどとお伝えしました。

 

私が考えるのは2つ

 

・生活費を下げ、ひたすら貯金。

 

・労働収入を最大限にする
(自分の売上を上げるためのものだけに時間とお金を使う)

 

一番早いのは必要最低限の金を除いて全て貯蓄!

裏技、手っ取り早いテクニックなんてありません!

使えば減る!使わなければ貯まる!ただそれだけのこと!

 

「時間とお金を売上のあがる要因となる人、物、事に使う!」

 

協力してくれるスタッフに時間と、お金をかけ育てる!

 

自分のモチベーションが上がることにお金を少し使う
(使いすぎはダメだし使わないのが一番いい🙅‍♂️)

 

接客のためや人として技術の勉強、本、新規集客のノウハウにお金を使う!

周りが楽しそうにしているのは羨ましいところですが、

将来何倍も自分が楽しく働く・遊ぶために今の期間だけ我慢!!!

ちなみに売上が100万前後あるなら歩合率70%くらいのフリーランスに

 

なったほうが時間とお金が増えるから貯金をしやすい!という方法も。

 

所有をせず共有をするフリーランスは固定費があまりないので出費が少ない、

 

予約が入ったり商品が売れると報酬への還元率がすごく高い!

 

基本一人なので他人にお金がかからない!

 

フリーランスになって資金を貯めるのは全国的にもよくやられている方法でもあります。

 

そんな感じで理容師が資金を貯めるには

 

頭を使って欲を捨てることがなにより大切です!

 

私もたまに遊びに行ったり飲みに行ったりすることがありますが、

 

基本的にお客様やお客様を紹介してくれた方などにお金を使っています。

 

そういうお返しにお金を還元し、還元の輪を大きくしてゆきます。

 

「仮に独立したとして」

資金集めに成功し、さぁお店を開いたぞ!となった次に重要になってくるのが、

・各種支払いや税金の知識
・ご新規様のご予約が入るか
・スタッフを教育し、スタッフを雇い売上を増幅させられるか

です。

貸借対照表(売上がどうで出ていったお金はどうであまりはこのくらい) という紙を読むのですが、思ったより色々なことにお金がかかっており、

結構売り上げだと思っても利益が意外と少ないと感じたこともあります。

もちろん売り上げは高ければ高い方がいいのですが、 感覚的にはこのくらい売り上げたら良いだろうなって数字の 1.5倍以上あげたらいい利益が出るなって感覚です。

借入金返済、毎月の家賃、管理費、水道光熱費、減価償却費 (椅子やシャンプーブースなどすぐには壊れないものに対して何年かで割ってかかった費用を消化していく費用)

所得税、法人税、社員の社会保障費半分負担、消費税(二年間は) etc…

ホットペッパーなどのサイトに掲載する場合は広告料がかかり、仕入れ、人件費 とざっと言ってみましたがたくさんお金がかかります!

最初もしスタートでつまずいたときのために自己資金はかなり重要になってきますね。

最悪はスタッフが辞め椅子を稼働できなくなり、100万前後かかる固定費を自分の売上だけで賄わなければならなくなったりしたときです。

私は今フリーランス理容師として100万前弱の売上がありますが、

面貸しだから生きていけてるわけで、 一人で家賃のかかる店舗をもつことと、

借金返済を考えると、 極貧生活を強いられると感じます泣

元会社の社長はとても素晴らしい方で、 とても多くの人を動かせる魅力と統率力がありました。

今ではたくさんの店舗を運営する素晴らしい理容室になっていますが、

到底真似できないほどの努力と忍耐力が必要であるのは一緒にいて感じました。

色々質問したことがあったのですが、社長は顔に出したりしなかったみたいですが、

まじでやばい時とか、お金が足りなくなりそうな時もあったようで、 たくさん喜びもあった反面、たくさんの苦労があったと聞いています。

そこまで覚悟と諦めない心を持って運営できる人ってそんな多くないんじゃないかと思います。

私はそれを全員が全員そこまでできるか?と聞かれたら 少数に限られるかもしれないと思ったので、

お客様とすこしの勉強と一歩踏み出す勇気があればできる

フリーランス理容師というものに目をつけました!

わざわざ借金して独立開業しなくても共有することにより初期投資が少ないシェアリングエコノミーに魅力を感じました!

なら独立なんてしなくてもいいじゃん!って思うと思うのですが、

雇われていることってこれからの将来リスクになると私は予測しています。

なのでハードル低く自営業ができるフリーランスがとてもいい練習でありり、そのままか独立出店か雇われかをいつでも選ぶことができる利点があります。

 


いかがでしたか?

 

稼いだお金の使い方をもう一度考えて、目的は様々であると思いますが資金集めに協力できたらなと思います!

 

 

☆次の記事はこちら↓☆

フリーランス理容師になった理由

 

ライン@でご質問を受け付けております!↓

新たにフリーランスに興味のある方向けにライン@を開設いたしました!

 

このライン@は様々なフリーランサーの方、

フリーランス理容師にご興味のある方のみ

友達追加していただけるとありがたいです。 それ以外の方は友達追加しないようお願いいたします。

 

友だち追加


 

twitter

instagram


バルビエレ銀座

東京都中央区銀座4-8-14陽光銀座ビル6F

0355799528

 

 

 

 

 

関連記事

人気の投稿とページ

アプリでご予約