Blogブログ

メンズヘアに悩みを持つお客様を救うブログを随時更新していきます。

御礼。(株)LSBは2期目を迎えることができました!LIBERTY SHARE BARBER 銀座 代表取締役 吉田圭祐/フリーランスシェアバーバー東京

       

 

1期目を終えて

 

こんにちは!LIBERTY SHARE BARBER 銀座 代表取締役 吉田圭祐です!

タイトルの通り、弊社は無事1期目を終了し、2期目に突入いたしました!

お客様やフリーランス理容師の方々には厚く御礼を申し上げます

私自身初の起業で今までのバーバー業界の良さと新しいものを掛け算し

考え始めたサロンですが、おかげさまでなんとか銀座の地で生き残っております笑

1年を通して思ったことは

・「発信」をしていれば必ずみていてくれている人がいる。
・経営者が目を背けている業界の課題/問題を正面から疑問視し改善のアイディア出し行動すると
困っていたバーバーが集まってくる。
・自由に楽しく成長していくことはとても魅力的で、いつかこの人気のない職業に光が差すかも。

でした✨

私自身も全てのことを1人でやってきたのですが、効率化を考え、

フリーランスに「仕事」として作業や運営を任せたりし、手を開けることにより、

自己研鑽やこのようにブログを書く時間などを作ることもできてきました。

それらは全て「お客様」や「フリーランス理容師」のお陰でございます!

今年取り組むこと

さて、2期目に入ったわけですが、今季私がやっていくことは、

・管理運営の仕組み化
・物販の仕組み化
・社員登用等の仕組みづくり
・金銭や知識などを貯め力をつけること
・2店目の構想をより時代に合わせ、柔軟に考えること。

です。

なんだか会社らしくなってきました笑

お客様への営業は、引き続き行い、時間単価UPと、ブランディングの強化をしております。

また、ネットやメディアでの露出もどんどんしていきます☆

私にとって「発信」と「集客」は命なのでより太く、強くしてゆきます!

理容師の方向けにyoutubeチャンネル「yossyチャンネル」を配信しておりますので

是非みてみてください^ ^

普段働いていては絶対わからなことなども発信しています!

わからないことがございましたら、

「理容師専門ご相談ラインにご連絡ください」

最近の理美容業界の動向

 

料金面では、今に始まった事ではないですが、

「高いか安いか」に2極化がどんどん進んでいるなと感じています。

美容商材も高価で高性能な商品が次々に出てきております。

バーバー業界では、高いに領域に入ってくるのは1万円くらいからなのかなと思っていて、

例えば技術2つで2万円くらいだとかなり高い方になっているのではないかと思います。

美容ではそのくらいの価格帯のサロンはうじゃうじゃあり、理容はまだまだ後進と感じます。

が、理由としてはそもそも女性と男性で男性の方がカットの頻度が倍、もしくは3倍多い(回数が多い)ので、

価格も上げすぎると負担が大きいということもあり、調整されメンズ単価は

上げづらい。そのようになっていますね。きっと

なので、今も既にそうなんですけど、これからもっと必要になってくるのは

「髪を切りたいから」

ではなく、

「あの人に会いたいから、話したいから、関わりたいから」

というブランディング。ファン作りでだと昔から思っています。

よく、どんなことでもそうだと思うのですが、ホストクラブやキャバクラ

アイドルの推し、スポーツ選手、ファンクラブなど、ファンの方は

イベントやお店に行き、お金を落とします。

それは飲みたいからとか、歌聴きたいとか、野球みたいもあるとは思いますが、

1番は「会いたい」「生で顔みたい」「生の雰囲気を感じたい」

だと思うんです。

なのでそういう発信やPR、紹介のされ方が重要だなといつも感じています☆

SNSが普及し、誰でも有名人になれる時代。

もうそうなっている人もたくさんいますが、

全員にチャンスがあると僕は思っています!

また美容室の中に理容室があるサロンが都心にも現れ始めました!

ダブルライセンスを活かせる時代ももうきているのですね☆

理容は美容より一般的に見てかっこいい/華やかではありません。

美容の魅力に人材を持っていかれないよう、また努力が必要ですね。

有能/魅力/ビジネス性/社員を大切にする経営者と、
そうではない経営者の「差」がどんどん経営に影響してきている。

 

これは私も「明日は我が身」と思いとても気をつけるポイントであります。

お話をいろんな理容師さんから聞きます。

もちろん良かった面もよく話してくれますが、

・「それはやばいだろ笑」とか

・「まだそんなこと言ってるの?やってるの?」

・「ドン引き」

なんてことをしているサロンもたくさんあると聞きます。

閉鎖的で経営者は誰にも叱られなくなってる状態、

反省も自ら出来ず、スタッフにとって厳しい、不便、不条理、理不尽な環境を作り出してしまっているケース多々あります。

同調圧力がいじめのようになることもあります。

そんな中、改善したり、反省し時代に合わせ色々変えていく経営者と、変われない経営者での差がかなり出ていて、

「サロンに行くのが楽しみ!」

というスタッフもいれば

「サロンに行くのが辛い」

というスタッフもい、スタッフの離職率に直接的に関わっています。

スタッフがよく辞めるのにいつまで経っても改善せず、環境を良くしようと変化できないサロンに自然淘汰が既に実際に起こっています。

経営者の度量と知識、人に対する見方、無駄なプライド、見栄、バイアスの撤廃

そもそものサロンのKPIが時代にマッチしているのか、

ミッション、ビジョン、バリューは価値観の押し付けになっていないか、

それに共感してくれる社員やスタイリストをちゃんと見極め採用しているのか。

などちゃんと時間をとってじっくり考え、試行錯誤していかなければ問題/課題解決はしないです。

私は今のサロンの状態が時代に馴染んでないなと感じればすぐに変更しちゃいます笑

そのくらい柔軟に激流の時代を掻い潜っていかなければ生き残れないのではないでしょうか?

ということで本日はこの辺で♪

インスタ

https://www.instagram.com/keisuke_yoshida_liberty/?hl=ja

tik tok

https://vt.tiktok.com/ZSJT1nrxt/

youtube

https://youtube.com/channel/UCkz1CcZODhhDqdR-3tvp8gQ

ご予約

https://stekina.com/profile/YZV4-FV4L?stype=lp

リバティインスタ

https://www.instagram.com/liberty_sharebarber/

リバティGoogleレビュー

https://g.page/r/CZ8t9ffXF5brEAo/review

LIBERTY 求人ライン↓

https://lin.ee/FOOnd0p

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

人気の投稿とページ

アプリでご予約