Blogブログ

メンズヘアに悩みを持つお客様を救うブログを随時更新していきます。

ブログを書き始めて1ヶ月で20人集客できたフリーランス理容師が今思うこと。

       

こんにちは吉田です!

フリーランス理容師を初めて10ヶ月目に入っています。

課題であった新規集客は順調に出来始めており、

「お客様に選んでいただくにはどうしたら良いか」

が少しづつわかってきました。

従来の理容室では新規のお客様をリピートしていただくために頑張っているわけですが、

私も10年間そのことについては必死で頑張ってきました。

今日はそのご新規様にどうやって来ていただくかというお話もしてゆきたいと思います。

「お店や個人にどうしたら予約してもらえるか」

結論は、

「ターゲットは一点集中すればするほど良い。」

個人で生きていくためにはお店の力を借りずパーソナルパワーで生きていかなければならないため、

自己集客は必須要素となります。

インスタなどの個人SNSで集客できている方はとてもすごいなと思うのですが、

SNSには流行り廃りがあるので、私はそれがないネットのブログを使っています。

経営者であれば当然集客について必死に考えると思うのですが、従業員だと考える人もいそうですがそこまで熱意を持つ人は少なく思います。

なのでそこがチャンス。

お客様の「こうなりたい!」「この悩みを解決したい!」

というニーズになるべく1点に絞り答えていきます。

自己集客力を持つことはとても大切

知っていますか?美容師さんは雇われであろうと、フリーランスであろうとどんどんオウンドメディアを使って自己集客しています。(容認しているサロンもある)

理容師より美容師の方が自己集客している人数の割合が高いです。

「理容は美容の後追い」と聞いたことがあるのですが、

理容師は果たしてずっとこのままでいいのでしょうか?

サロンや上司に依存しっぱなしな状態から脱却し、自分自身で集客し、

食っていける術を身につけることはサロンにいようが、いなかろうがとても自分を助けるのではないでしょうか。

お客様のニーズは多様化しており、「お店の場所やブランドからで選ぶ」から、

「求めていることをしてくれる店・人」を探すようになっています。

私が以前いたお店はいわば勝手にご新規様が来てくれたのですが、全国的に見たら新規集客に困っているお店は多いかと思います。

なぜ来ないかというと、人口が少ないや競合が多いなどの理由もあると思いますが、

一番は

「周りと同じ集客方法をしているので目立ちにくい、集客レベルも低い」

「お客様のターゲット層範囲が広すぎる」です。

そして、新規集客のため考える機会がない従業員の子達はその知識がつきません。

知識がつかないと独立時にも困るし、きたお客様をただカットするだけの代替え可能な人材になってしまいます。

ターゲット層が広いとお店が集めたお客様が、「なんで来てくれたのか?」「何をして欲しいのか?」

がわかりずらく、多分ほとんどが「なんとなくや近かったから。」だと思います。

来店理由がそんな感じのお客様にリピートしてもらうにはよほどのインパクトや感動を与えないと印象に残らないので結構大変ですし、お客様は

「髪を切るため」にきていて、

「誰々に切ってもらいたい」とはあまり思ってきていないので自分にリピートしてもらうまでの障壁が一つ多いです。

障壁を一つ減らすには〜してほしい、〜を求めているというお客様だけに来ていただくことことが大切です。

こんな感じで自己集客できるようにしておくことは将来のリスクヘッジに必ずなります。

営業時間の暇な時間に自由に練習ができるように、自由にパソコンを打ちブログを書けたらどんなにいいことか。

独立する気のない子がそれをやってくれて新規が増えたらどれだけサロンは助かるだろうか。

個人的な一意見ですが、サロンでは「そんな暇があったら腕磨け」とよく言われるかなと思うのですが、

そんな時代はもう終わっていると思います。

私は技術で100点120点取るのもいいことだと思うのですが、

これからの時代は3つの80点を掛け合わせて51200点取りに行く時代だと思っています。

職人としては素晴らしいと思いますが誰もがイチローみたいになれるわけじゃない。

少しアスリート気質は控え、老いてゆき売り上げが落ちていくことを逆算し、若いうちから準備することをお勧めしたいです。

みんな若いから全然心配していないと思うのですが、なるべく早く自力で自己集客できるようにしておくことはとても将来に役立つと思います。

年齢を重ねるごとに新しいことに挑戦するのが億劫になる人が多いのではとも思いますし。。。

私は3つの80点〜90点を持っています。
・カット(メンズカット全般)
・ボリュームアップパーマ
・接客力

それを掛け合わせ

「おでこが広いメンズを救う」
「ボリュームのない髪の悩みを改善・解決する」
「マンツーマン接客」

を売りとし、さらにITを少しずつ覚え「ライティング」「ウェブマーケティング」

を自由自在に使えるようになろうと1つ1つ勉強中です。

その掛け算が少しづつ形になってきており、1ヶ月で20人ほどのご新規様に来ていただくことができました。

年内の目標は月に30人来ていただくこと。

体育会系な見方を変えていくことが鍵

結論、

頭を使うこと=体を使うことと考える(割合は状況によっていつでも変わるが)

パワーバランスを考え直す。

体を動かさないでパソコンやスマホを打っていると「楽してる」とか「サボっている」と思う人がいる。

デスクワークの方からすると「何言ってんの?」という感じだろう笑

「体を動かし働いている」もしくは「肉体労働している」人はデスクワークをしている人より頑張っている、偉いかのように思ってしまう感覚。(無骨者か!笑)

体を使うか頭を使うかに別に差は無いと思います。

この時代遅れな考え方、そういう見方だけをしてしまうのはどうなのだろうと思います。

例えば戦争でいうと戦場で戦うのは武将や兵。戦略を練るのは君主や軍師。文官は書類や軍役の処理をする。

一生懸命敵を倒している兵士たちには、軍師や君主は高みの見物をしているように見える。

文官に対しては下に見ていることだろう。

そこで兵士たちはいう「けっ、俺らは殺されるかもしれないのに必死で戦ってんだ」

「あいつらはいいなぁ、危険じゃないところで見ているだけなんて」

ってことあるんです。

会社とかでもこんな会話ありそうですよね。

頭を使うこと体を使うこと

ではなく

頭を使うこと=体を使うこと(割合は状況によっていつでも変わるが)

とパワーバランスを考え直す時が来ています。

軍師も責任があるので将兵をたくさん死なせてしまったら軍法に処せられるので全然楽な仕事ではない。

むしろ責任重大なはずなのにそう思われやすそうですよね笑

 

画面作業をしていても楽しているわけじゃないのでサロンでも空いている時間があったら

積極的にそういう仕事もしやすい環境になればいいなって思います。

軍師であり将軍であることが肝要になっていくでしょう。つまり戦略を立て集客と接客を同時に行えることが肝要。

もちろんサロン内での自分の役割、やるべきことを終わらせてからですが。

他業種に易々と攻め込まれている理美容業界

最近の伸びている事業は

・プラットホーム系事業(google・SNS系)
・IT・グローバル・クラウド関係(手作業を自動化)

などがあります。

そういうことに脳みそがない業界(職人気質でITに弱い業種)にどんどん進出してきています。

私たちのような職人・クリエイティブ系などは格好の的となっています。

ホットペッパーも楽天ビューティーも何もかも理容師美容師以外の人がやっているのはご存知ですよね?

ホットペッパーに一個人が勝てるわけないですが、

その流れに波乗りすることはとてもいいと思います。

ホットペッパーでやっていることをオウンドメディアで是非やりましょう!

最初は真似からでも、どんどん学習してゆきましょう。

従来のサロンでも、個人の集客がサロンの売り上げにつながるならどんどん承認していってもらいたいものです。

最近ひしひしと思うのですが、日本の会社って、会社は資本主義だけど、従業員は社会主義だなって思います。

目立っちゃダメ、目立たなすぎもダメ、魚群から離れちゃダメ。

制限が多すぎ。

もし、営業中に自分のブログ(会社のではない)を書いていたら。

「勝手な行動だ」とか「自分のことしか考えてない」とか思われるんだろうなと思います。

ピラミッド型の会社の社長は自分の会社のために従業員に働いてもらっていて、いわばみんなに自分の(会社)のために色々やらせています。

自分のことしか考えていないのは本当はどちらでしょう?

高度経済成長期からのこの思想が根付いてしまっていて↑のことが「普通」になっているんだと思うのですが、そろそろ時代も変わってきてそこに疑問を持つことも不自然ではないです。

私が考えるピラミッド型にしない会社は、個人が集客し、実際に働く場を提供します。

各個人が自分の個人事業を大きくすれば会社も大きくなる。

いわば「自己中心的利他」

「他人中心的利他その後もしかしたら利己」
(他人のために頑張ればいつか自分にも返ってくる)

も今までは良かったのですが

「自己中心的利他」
(自分のためにやっていることが他人のためにもなる)

という考えも同時にこれからの時代あってもいい考え方だと思っています。

(何でもかんでも自己中心にという意味ではありません。)

そういうことが理解できる経営者が現れればこれからの時代に繁栄するのではないかと思っています。

私は今、個人が自己集客する術を教えられる立場になるため、お客様実例ブログなどを書き、成果を出し続けようと動いています。

まとめ

・ターゲット層は最大限狭める
・自己集客をみんなでしよう!
・暇があったらブログ書こう!
・体育会みたいな考え方だけをせず柔軟になろう!
・IT先駆者には勝てない、でもその波に乗ることはできる!
・自己中心的利他

今日はこんなところです!

以前書いたこちらのブログもお読みくださると幸いです!

理容師・BARBERもオウンドメディアを持とう!ブログやSNSで自己集客しよう!【フリーランスおでこBARBER吉田圭祐】

  1. 大川龍也(オオカワ タツヤ)

    はじめまして、大川です
    YouTube拝見させて頂きました。
    私も、これから東京で理容師として、
    パートで働きたいと思って
    フリーランスで検索したら吉田さんの
    サイトを大変に興味を持ちました

    私も吉田さんにお会いしてお話しを
    伺えたら勉強になると思っております

    お忙しいとは思いますが
    よろしくお願いします

    • barberkeisukeyoshida

      ありがとうございます!

      https://lin.ee/mpeom4O

      このURLをタップまたはクリックすると、フリーランス理容師 吉田圭祐を友だち追加できます。

    • barberkeisukeyoshida

      ありがとうございます!

      https://lin.ee/mpeom4O

      このURLをタップまたはクリックすると、フリーランス理容師 吉田圭祐を友だち追加できます。
      URLをコピーして、SNSやメールなどでシェアしましょう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

人気の投稿とページ

アプリでご予約