Blogブログ

メンズヘアに悩みを持つお客様を救うブログを随時更新していきます。

フリーランス理容師って?どんな働き方?お金は?時間は?ライフスタイルは?LIBERTY SHARE BARBER 代表吉田圭祐

       

こんばんは!
LIBERTY SHARE BARBER 代表の
吉田圭祐です!
今日はまたまたフリーランス理容師についてお話ししていきます!✨

今日は
・フリーランス理容師って?
・どんな働き方?
・時間は?
・お金は?
・ライフスタイルは?

と言うことについて書いていきます✨

このブログはかなり長いのと、

かなりリアルにしっかり書きました。

現実的なこともちゃんと書いていますし、

メリット・デメリットもちゃんと書きました。

理容の仕事が好きなので、

他の理容師の方に人生の選択をしっかり論理的に

考えて生きていただけたらなと思って書いています。

ではいきましょう!


フリーランス理容師って?

 

フリーランス理容師というのは

理容師として独立した個人事業主であります。

理容業を開業した事業主(経営者)です。

開業するには「開業届」を自分の最寄りの税務署に提出します。
(税金が控除される青色申告を同時に申請することをお勧めします。)

普通の理容師と違って「雇われ」てはいません。

自分のお客様の接客をし、色々な業務、

内政、集客、マーケティングを自分で行うなど、

今まで会社がやってくれていたことを自分自身でやります。

フリーランス=個人事業主ですので、

ひとりサロン開業をしていても、面貸しサロンを利用していても、

法人化していなければ、同じ意味です。

また会社にしていても(法人化)従業員がいない1人サロンもありますので

その人は会社の長であり税制も個人(フリーランス)とは違う法人税という税を払うなど、

少し違いがあり、よくわからなかもしれませんがあり方はいろいろあります。

サロン=会社(法人)というイメージがあると思いますが、上のように

全てのサロンがそうであるわけではないことを理解していただければなと思います。

2年度前の売り上げが1000万円(月84万)を越えなければ、

会社にするメリットはあまり少ないので、何年経っても法人化していない

個人サロンも多いです。詳しくはこちら↓

https://www.freee.co.jp/kb/kb-launch/incorporation-timing/

引用:法人成りに適したタイミングとは?利益額と売上高がポイント


フリーランス理容師とは(個人事業主)

床屋さんとして独立したあなたが、

自分の床屋事業を推し進めるということです✨

働き方は?

 


フリーランス理容師の働き方は基本、

「予約が入ったら出勤、終わったら帰る」です。

営業前後や次の予約までの空いた時間は

在庫管理、集客、予約管理、学習、休憩に使います。

休日は自由に設定できます。私は今、週休2日にし、

2日ある休みの1日を、自分の勉強や、

他にしたい仕事に充てています!

床屋さん5日、他の仕事1日、休みの1日は家族と過ごしています。

もちろん休日数を増やしても売り上げが上がり続けるよう

考え、そうなるように設定してありますので、

今もどんどん個人売り上げは上がり続けています✨

昔は基本週6出勤で、休日返上などもし、頑張って労働していました。

もちろん頑張っているので売り上げは伸びましたが、

頭を使わずがむしゃらに働いていたので、無駄も多かったんですね。

軍師のいない猪武者だけの軍という感じででょうか笑

なので無駄をなくし効率よく売り上げを上げるという環境や知識がありませんでした。

個人的にそこにかなりストレスを感じていたので、

フリーランスになり自分で働き方を選択できるようになれた今は

とても最適な環境になったといえます。

一方で自分で働き方を選択できるようになれたということは

誰にも指示されないということです。

楽しようとすればいくらでもできてしまうので、注意が必要です。

自分に鞭を打てる人でないと向いていません。

客単価UP、集客、などの行動をしなければ売上も収入も落ちます。

逆に頑張り集客できたり客単価UPできればどんどん売上も収入も上がります✨

また空いた時間(作った時間)で他の事業をスタートすることもできます。

理容師という本業をしながら、理容師以外の仕事を副業として開始し、

ダブルワークというか、副収入を得ることもできます。

私はそれは賢いと思います!収入源の数を増やしていくことはこれからに時代に

かなり重要な要素だと思っていますし、私もしています!

(別に変怪しい案件に首を突っ込むとかではなく、単純に

スタイリスト向けの事業とか、理美容師向けのとか、

他の事業をスモールスタートしていくということです。)

今の時代最低でも4つ以上の収入源があると良いとされているようです。

女性にとっても現役時代や産休中、出産後や育休中など本当いろいろあると思います。

我が家も絶賛育休中であり、復帰後も時間を調整でき、働ける環境があればとても助かると感じています。

(子供の時間に合わせることが何より最優先なため)

現役時代はもちろん、出産後も、自分の働ける時間(時間の指定がない)に合わせ

予約調整しながら働きたい時に予約を受け付けることができます。

当サロンの場合、育休中などの期間は例えば当サロンのスタイリストが代わりに

カットをすることも可能です!

そういう場合はいろいろお話を伺いますのでご相談ください!

時間は?

 


時間は基本自由です。

働こうが休もうが自由です。

なので朝から晩まで馬車馬のように働いていた皆さんにとっては楽園のような時間が取れます。

注意点は先ほども言いましたが、自分に鞭うてなければだらしない経営者になってしまいます。

ここは一番重要だと思います。


やることを決め、きちんと遂行することが大切です✨

時間というものはどんな人にも平等に与えられたものです。

その時間をどう使うのか?によってその人の将来も

あらかた決まると思っています。

カットや理容の技術はお客様にご満足いただく上で

とても大切な要素です。

同時に接客力というのも大切です。

まずはそれを身につけ、高いリピート率(40%)以上を

出せるところまでまず努力することが個人的に大切だと感じています。

それができるようになった後は技術力が落ちないように

しながら理容とは他のスキルや知識をつけていくことをお勧めします。

私は独立し、自分自身の力で集客できるように学びましたし、

サロンを経営していく上で大切なこと

税務やお金の管理、スタッフとの付き合い方など、

たくさんのところから吸収し、うまくことが運ぶようにするために

調べて学び、実践してみて肌感や手応えを感じながら、

改善していくよう施行錯誤の日々を送っています。

このようなことは時代により常に移り変わるものなので、

学びを止めてしまうと、他の優れたサロンにすぐ負け、

淘汰されていってしまします。

そのようなことが決してないように毎日学びを止めていないのです。

本をよんだり(最近は本を聴くこともできるみたいですね)

参考になる方のYouTubeを見て学び仕事でやってみたり、
(見ただけではダメで、実際にやってどうだったのか検証することで経験が生まれ改善策も生まれる)

オンラインサロンで学んだり、お金を支払ってスキル習得の講義を受けたり

ほんと色々インプットをたやさないようにしています。

今は週5で床屋、週1で副業、週1で家族との時間。

家に帰ったらこんな風にブログを書いたり、

休日でも子供の世話が落ち着いたら、常に気になることや知らないことの調べ物などをしています。

いずれ時間やお金を稼げるスキルや知識を身につけ

このバランスを少しづつ変えていく計画です。

とても楽しみであります!

お金は?

 


ここ結構大事なとこ!

お金は従来の理容師なら売上(個人実績=売上ー部下に与えた仕事の金額)の3〜4割しか総支給額で稼げません。

100万円なら30万

部下に20万円分仕事を頼んだら80万×30%=24万

ここから所得税、住民税、社会保険(加入しているサロンなら)などが引かれ

売上80〜100万円なら18〜25万前後となります。

LIBERTYは売上に対して最大75%ー利用料の高還元です✨

売上100万なら75万円ー利用料5万円(売上40万以上なら)=70万円

70万から経費(材料費や仕入れ、広告費、交通費、会議費、その他経費 etc…)など引き

60万。そこから

所得税は3月に年1、住民税は6、8、10、12月に4回に分けて払うか、一括

個人事業税7、9月、年金毎月、国保6〜3月となり、

税支払い前の手取りはもう少し多くもらえますが、

月平均に直すと、約50万円前後の手取り(収入)

となります。

(なので最悪売り上げが半分になったとしても従来にサロンと同じくらいは稼げます。)

同じ売上でも2〜30万円の差があり、きちんと税金を払っていてもこのようになります。

経費が多ければ手残りも減りますが、所得税や住民税、国保も次の年に安くなります。

逆にその差の2〜30万円はサロンに吸収され、あなたの社保半分負担や支給交通費、

サロンの利益や他従業員の給料に充てられています。

個人になると税金が高くなったりするという誤った情報を

知識がなく、話してしまっている人もいるようなのですが、

全く逆の話であります。

個人の場合、税金は自分で支払うので、かなりお金を払っている感覚がありますが、

雇われている人の給料の場合、給与明細に書かれてある通り、先に差し引かれて

口座に振り込まれるので払っている感覚があまりないんですね。

雇われの場合、税控除(経費にできるお金)がほとんどないので、

特に所得税や住民税など前年の収入によって変わる税金は私たち

フリーランス(個人事業主)よりかなり多く払っていることになります。

こういう知識って雇われたことしかない先輩に聞いてもわかるはずないんですよね。

逆に経営者はその立場にあるはずなので、聞けば教えてくれるとは思いますが、

もし教えてくれないのなら、皆さんに何も知らないまま社員のままいてほしいという気持ちがあるのかもしれませんね!

理由は先ほども申しましたが、同じ売上でも2〜30万円の差があり、きちんと税金を払っていてもこのようになります。

ということはサロンが売上100万のうち大半(50万以上)を結果的に持っていくからなんですね。

そんな感じなのに、人材を外に出そうとか、

フリーランスや業務委託になれなんてあまり言いませんよね笑

フリーランスや業務委託になれと言われる場合は、

社員としての給料が高額になってきて

会社が半分負担する社保がえげつなくなってきたときに

いわば解雇して、業務委託契約などを結ぶということです。

会社都合とは知らされず、流れや雰囲気に流され、いつものサロンで働けはするけど

社員をクビになっていることもあるかもしれません。

もちろんそんな感じにならないように(そうなってるんだけども)

もう1つ他事業の会社を作って、他事業の他業種の社員として雇い

床屋さんの売り上げは成果報酬(業務委託契約した個人事業主)としてやっているところもあり、

スタッフが得れるお金は変わらなくても会社の社保の負担がなくなるので利益が出る。というやり方もあるようです。

ただスタッフは社会保険の額が他事業の社員になり、給料が下がることにより納める額も減りますし、

将来年金としてえれる額も減ります。

床屋の仕事が個人事業になるので、確定申告をしなければならなくなりますし、

先ほど言った税金を床屋の収入分で計算した額を別に払うことになります。(次に年に)

だから業務委託とか言われ契約した場合は、きちんと仕事で使ったレシートや領収書はとっておき、

会社の税理士にきちんと毎月渡しましょう!

それをしていないと税控除ができなくて税額が大変なことになります。

それを知らないと経費計上ができていないので

経費計上をするより、税金を払うことになってしまい、生活ギリギリになってしまうくらい

困ってしまうこともあります。

皆さんにはそうならないようにしていただければなと思います。

このような説明をしっかりされていれば問題ないのですが、そうでないとしたらゾッとしますね。

当サロンでは、

基本マンツーマンで他の従業員はいませんので

至って単純、常に売上×75%です!(40万未満は70%利用料3万円」)

150万では112万です!

一人でサロンをもったとしても家賃や材料仕入れ、その他固定費に2〜30万は必ずかかります。

なのでそうしなくても同じくらい稼げるようにシステムを整えています。

売り上げが100万を超えたフリーランス理容師には

また新しいプランをご用意しております。(策定中)

また、例えば加齢してきて40〜50代などになったとしましょう。

20代の頃と違って、体力は仕方なく落ちます。

100万円あった売り上げが70、60万と下がってきたとして、

従来のサロンなら60万×30%=18万ー税金=15万以下

当サロンなら60万×75%ー5万=40万ー税金ー経費=25万前後

となり、お客様が減っても、休日を増やしても、従来のサロンより手取りは多いです。

従来のサロンで歩合ができなくなり、基本給に戻し、

差し引かれて20万前後の給料を引退までもらい続けるか、

フリーランスでその年齢になるまでにサロン開業をしたりし、スタッフにサロンを任せられるようにしておくのか、

20代から将来のことを考え、副収入や違う事業での収入を作っておくのか

どちらが賢いと思いますか?

この世の中、お金を稼ぐことは甘くないです。ほんとに肌で感じます。

外に出したくない、サロンや上司の言われるがままに、座して何も行動せず(働いて毎月の給料をもらう)

収入が落ちるのを待ち、引退するまでそのままか、

若い時からしっかりと人生設計をして、老いた時のことを想像して、事前に行動しておくのか。

4、50代になって体力が衰えてきた時のためにもこの考え方と、

今からきちんと行動を起こすというのはかなり重要です!


私はサロン開業前は自分一人で売上100万以上の売り上げを上げていました、
(理容師さんにきちんと説明するために売上も話しています。お客様には誠に感謝しております。)

毎月10〜15万くらい独立のため貯金

後のお金は売上を伸ばすための販管費、

生活費、家賃、保険、支払い、税金、その他諸経費、投資、

商売人としての人へのお祝いなどの交際費で手のこりはほんの1〜3万みたいな生活をしていました。

その残りのお小遣いで家族と食事したり、妻に洋服やスーパーで買えるちょっとした贅沢品などを買っていました。

服や靴、アクセサリーなんてずっと買ってませんでした。

(もちろん仕事で使う制服や営業靴などは身だしなみのためきちんとお金を使います)

そんな感じなのでいつも現金なんてほとんどなかったですが、

楽しみなためワクワクしながらやっていました。

その時は人生で1番本気で開業のためカツカツでやっていました。

それはサロン出すためだったので、

その予定がない人はある程度余裕のある暮らしはできます。

ライフスタイルは?

 


その件に関してはみなさんのやりたいことはだいたい可能になります!

遊びも仕事も全てにおいてあなたがやろうと行動すればの話です。

収入が安定すれば、好きな時に好きな人と好きなことをできる時間を自ら作れます!

私は

今はコロナであまり身動き取れませんが、

釣りという趣味を持てました✨

勉強したいことにお金を使い、能力や収入を上げることもできました!

親や家族、友達や助けたい人、などにも何かしてあげられるようになりました!

旅行や遊び、知り合いとの付き合いもお金と時間も割と余裕がありできるようになりました!

一緒にいたい人といれるようになり、強い表現に感じる方もいらっしゃると思いますが、

一緒にいたくない人と一緒にいないで済むようにもなりました!

学びたいことを学べ、やりたいことがあるならやり、

できないならできる方法を調べ、できるようになっていきました!

逆にやりたくないやらされることは0になりました!

こんな感じでフリーランスはものすごく私にとって最高な働き方です!

もちろんやりたいことのためにめんどくさいこともありましたが、

やりたいから、そのためなら頑張れるんです!

慣れてめんどくさくもなくなります笑😉

今が31年の人生で今の所一番最高です!

最高な気持ちは人から与えてもらうことでは感じられず、自分で掴み取るものです!

もちろん家族や友達、同志と同じ気持ちを味わえたらもっと最高で幸せなことです😆

こんなこと始めた最初思えるとはおもっていませんでしたが、

こうなったらそう思えるだろうな。

とは感じていて、先にその気持ちをあえて感じるように想像しながら、

そうなったつもりで色々な行動と試行錯誤をやり続けた結果、あたり前にそうなってしまいました笑

「なりたい自分になった時の気持ちに先になっちゃうこと」

ってそれを叶える上で大切なことだと感じました☆

叶えたいライフスタイルがあるなら想像して、

どうすればそうなるのか、できない理由と障壁を理解して

一つ一つ覚えてぶち壊していくことでそれはできると体現しました✨

その時の快感は忘れられません!

人生まだまだこれからですが、LIBERTYのスタッフの笑顔と自己実現を助け続け、

とりあえず都内3~5店舗、アジア展開成功に向け、行動していきます✨

でも全然まだまだなので前進し続けることを決断しております!

最後に

 

フリーランス理容師はまだ、理容業界の中では少数派です。

美容師さんやITなどの方の間ではもう当たり前になりつつある働き方なのですが、

理容業界ではまだまだ周知が足りていなく、

働き方が違うだけで、同じ床屋さんの仕事なのですが、

新しい働き方なので、拒絶されたりしてしまっているという話も聞きます。

従来のサロンと比べ、社員ではない、歩合率が倍、拘束時間が予約時間中のみ、休日自由、自己責任

と今までの働き方から180度反対になっているため戸惑っている理容室経営者や、

現役理容師の方も多くいるようです。

従来の理容室経営者さんなどはスタッフがそっちに流れてしまうのではないかなど

注意している方も当然いると思います。

ただ従来のサロンに働きがいや納得できる給料、休日、時間、魅力、環境、

システム、仕組み、人間関係、先手先手の施策があれば

誰もフリーランスになろうと思ったり、フリーランスになりたいと思う理容師さんはいないと思っています。

何かしらの「不」がなければいいのです。

私は個人的にフリーランス理容師という働き方は選択肢の1つだと思っていますし、

きちんと理解した上でどう生きていくのかを選べば良いですし、自分に合っているとも思うし、

自立、自律し自分のやりたいように事業の業績を良くしたり、大きくしていくことは好きです。

そして私は理容師の「不」を解決するために働いています。

「不」とは不安、不満、不自由、理不尽、不毛、不便、不信、など色々あります。

他のフリーランス理容師の方は、もっと自分のお客様を雇われているときより大事にしっかり接客したい。とか

もっと自由に、やらされではないやりがいを求めてきたり、もっと時間やお金を得たかったり、

現実的な話ですが、このままサロンに残留していても将来がないとか、上に行けないとか、収入が上がらない、

上がっても大した差がない、とか業務や教育がどんどん増えるし、育てたスタッフはすぐ移動してしまうしとか

やっていることに生産性を感じないとか、

自分が頑張った何かしらの成果はサロンのものであり、自分自身の資産は残らないとか、

求めている学びができないとか、学べることが無くなったとか、

ほんとに色々な理由でフリーランスになる方がいます。

私はそんな、悩んでいたり、困っていたり、

将来を見失いそうになっている理容師の方を

微力ながら助けたり、サポートできたらなと思っています。

そういう不はネガティブではなく、もっと良くなりたいという気持ちや目的からくるものなので、

そんな時に必要なのは支えてくれるお客様と、

1歩踏み出す勇気と自己責任を持つ覚悟です。

いつもと違う行動をすると必ず、やめたほうがいいよとか、よく考えなとか、

お客様を連れていくなとか、フリーランスなんてうまくいかないとか、

理由をきちんと説明できないのに、スタイリストを選ぶのはお客様なのに、

実際にやったこともないのに
、そういってくる人はいます。

ほんとにあなたを心配してくれている方もいると思いますが、

いざ困った時、助けてくれる人ってかなり少ないんですよね笑

そういうの人をしっかり見極められるようにしていただけたらなと思うのと、

私はフリーランスの働き方は好きですが、絶対にこっちがいいとは言いません。

ただこのままでほんとに将来大丈夫なのかな?とか、

少しでも不安のある方は相談だけでもいいのでご連絡ください。

フリーランスでも雇われでもメリット、デメリットどちらも偏らずにお話しします。

全てはあなたがどんな人生を歩みたいかによって決まるものですので、

それに合わせたアドバイスができたらなと思います。


一度1年間他人の意見や、同調圧力を人間関係が崩れないようには気をつけながら、

仕事時でも休日でもいいのでとことん自分のやりたい未来に向かって行動してみてください🔥

それは人に邪魔されることもありません、逆に人のせいにも棚上げもできません。

ほんとの自分を自分が一番理解できると思います😆‼️

全ての理容師を私は応援しています✨!

こんなに長い文、お読みになっていただき

本当にありがとうございます!!!


ご相談ライン

https://lin.ee/mpeom4O


LIBERTY SHARE BARBER

https://lin.ee/WXMSwnS



YOSHI インスタ

https://www.instagram.com/keisuke_yoshida_liberty/?hl=ja

リバティHP

http://libertysharebarber.jp

リバティインスタ

https://www.instagram.com/liberty_sharebarber/

リバティスタイリストインスタ

https://www.instagram.com/liberty_sharebarber_stylist/

銀座理容室・銀座床屋

LIBERTY SHARE BARBER

おでこが広いメンズカット、高級刈り上げ、ヒーリング、リラクゼーション、ボリュームアップパーマ、ダウンメンズパーマ、カット定額制、理容室サブスク、床屋サブスク、床屋定額、理容室定額、カットサブスクリプション専門、ジョイントカット、ビジネスマンカット、好印象カット、アイブロウデザイン、ビジネスマンカット、メンズカット、シェービング、ヘッドスパ、スパイラルパーマ、ツイストスパイラルパーマ、くせ毛カット、絶壁カバーカット、銀座理容室、理容師、BARBER、床屋、ツイストパーマ、バーバー、東京理容室、中央区、銀座、東銀座、東銀座理容室、東銀座床屋メンズカラー、白髪染め、理容室、理容師、BARBER、銀座理容室、フリーランス理容師、フリーランス、フリーランスシェアバーバー

LIBERTY SHARE BARBER

リバティシェアバーバー

住所

104-0061

東京都中央区銀座4-10-14ACN銀座4ビルディング7F
08072955632

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

人気の投稿とページ

アプリでご予約